さまざまな冷暖房のシステムについて

住まいの冷暖房にはさまざまなシステムがあり、それぞれが別々の長所を持っています。
輻射式冷暖房は、放射熱を利用したシステムであり、床暖房やパネルヒーターの冷暖房、蓄熱式の暖房などが当てはまります。対流式の冷暖房に比べて温度差が少なくなるので、設定温度が暖房なら低めに、冷房なら高めに設定しても快適度が上がります。花粉や誇りなどによるアレルギーがある場合でも安心です。ただし、暖まるのに時間がかかるなど、すぐに室温をコントロールする目的には不向きです。
ヒートポンプ式の冷暖房だと、電気を効率的に熱エネルギーに変換できるので消費電力を抑えやすいという特徴があります。エアコンや温水式床暖房などがこれにあてはまります。
蓄熱式の暖房器具は、電気ヒーターでレンガなどの蓄熱体に、夜間に割安となる電気を使って熱をためさせて用いる暖房です。住宅内部の温度差が少なくなるのがメリットとしてあげることができます。このタイプですと、床材の下に設置するタイプでは廊下や洗面所などに設備がないと、部屋を出入りするときに寒く感じたり、温度差の影響を受けやすくなることは考えられます。ほかにも、蓄熱式の床暖房としては、コンクリートスラブを蓄熱体にするものもあります。

夏場に冷房を使いすぎると電気代の請求が半端ないですよね。シェアハウスならそれを割り勘できるから夏でも快適な生活をしながらも節約生活がシェアハウスなら送れちゃいますよ。

子育て世帯にとってのマンション暮らしってどう?

関東圏周辺の人気エリアで住居を探すとなると、多くの人がマンション物件を選択することになります。賃貸はもちろん、持ち家も戸建てよりもマンションの方がニーズは高め。一人暮らしや夫婦世帯のみならず、子育て世帯でも例外ではありません。人気エリアで戸建てを持とうとすると、価格的に満足のある広さの家は望めないうえ、庭のある家を手に入れるのも至難の業。だったら、マンションでもいいかっていうところでしょうか。
ゆったりした庭があって、全部で5、6部屋はあった戸建ての家で育ったような地方出身者からすると、都会の子育て世帯のマンション暮らしってどうなの?といった疑問がわきあがります。
子育てのマンション住まいで一番気になるのは、騒音です。子どもはジャンプや駆けっこが大好き。マンションにいると、ベットやソファーから得意そうに飛び降りる子どもに「ちょっとやめなさい!」と叱ることが頻繁になります。どんなに防音に優れたマンションでも、階下には少なからず騒音が届きますから。子ども伸び伸びさせてあげられない環境であるということは否めません。それから庭がない、これも大きいです。家庭菜園や夏場のビニールプールなどはマンションのベランダでもできますが、排水などはやはり面倒です。マンション内の住民たちで結束が高まることもありますが、地域の人たちからはよそ者扱いされがちというデメリットもあります。
一方メリットは。地域のつながりはデメリットにもなりますが、メリットとも言えます。ご近所づきあいを自分のペースでしやすいので、子どもや自分にまつわる情報を必要以上に共有しなくてもすみます。また、戸建てに比べて駅近物件が望めるので、子どもが小学校、中学校と私立を目指すことになった場合、塾通いや学校の通学も便利です。防犯上の心配が多い都会では、セキュリティ面でも、やはりマンションに軍配が上がりそうです。
子育てするなら、広い一戸建ての家が理想ではありますが、都会暮らしとなるとマンション暮らしのメリットも少なくないようです。

NEW POSTS

注文住宅と建売住宅

【新築を計画中の方、家をおしゃれにしたい方は必見です!】材質もよく、価格帯もお得なカウンターチェアがあります!部屋に置くだけで住み心地のいい部屋になるのです!エンジョイホームの通販…

READMORE

マンションと一軒家

これからの時代どちらを買うのがおすすめなんでしょうか。わたしが思うそれぞれのいいところと悪いところを考えてみようと思います。マンションのいいところは、周りに人がいるという安心感、戸締りが…

READMORE

ベランダを癒しの空間に

せっかくベランダがあるのに、洗濯物を干す以外に、ほとんど活用できていない。そんな方も多いですよね。ベランダも、ある意味「部屋」ですし、そのスペースにも家賃は発生しているのですから…

READMORE

エアコンってついてて当たり前じゃない…

単身マンションから家族の多い賃貸アパートに春に引っ越してきました。今まで一人暮らしをしていた時はエアコンが当たり前のようについていたのですが3DKの賃貸物件にはエアコンも電気も一…

READMORE